So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

後悔と感謝と、どうにもならない・なれない自分。 [私事]

ご無沙汰しております。

随分放置しているうえ、以前の記事を削除させてもらったりして、スカスカな当ブログです。
そして今後も記事を削除したりするかもしれないです。

…だけどブログは止めないんだね?
そう、これだけ放置しておきながらも、でも頭の片隅にここの事がずっとあったんです。
なんでだかね。

現在、私はダメダメな状態です。
おそらく当分、少なくともこの記事では楽しい話は書けないと思います。
とても個人的な、ネガティブな文章になるでしょう。
ごめんなさいね、それでもよかったら読んでやって下さい。

今年の3月初旬、がんを患っていた母が旅立ちました。80歳でした。
がんだと解ったのが昨年の4月ですから、約1年間の闘病生活でした。

約1年間、母に付き添い、看病させてもらえたという感謝の気持と、
なぜこうなる以前に、もっと早くから色々してやらなかったんだ?!という後悔、

今でも母の看病がしたい、あの時ああしていれば、過去に戻りたいという思いと、
いや、母は立派に旅立ったのだから、きちんと見送ってやらねばという思い。

…実際には、もう随分前に見送った訳ですけど、
それでも未だに頭の中で、ああだこうだと考えてしまいます。
そういうものかもしれないけれど。

今、私がどろどろと抱いている後悔や悩み達。

母が病気だと解る前までの後悔。
母の治療に対する後悔。
母が亡くなって、自分がダウンしてしまった後悔。
そのことによる人間関係の悩み。
父の介護

そして母の死をきっかけに、いかに自分が考え無しで浅はかだったか、
取り返しがつかない事、今更だけどそのことに対面してしまった。
後悔と、これからへの不安。
母の事や周りの事を言訳にしているけど、
なんだかんだと言ってこれが一番大きいのだ。

ずっと救いを求めている_けど見つからない。
どうしていったらいいんだろう。

…こういう事を書いてですね、
どうにか浮き上がりたいと思っているんですが。

しかし、こんなごく私的な事をブログにあげて良いのだろうか?
(読む人は、全然面白くないだろうし)
頭をひねりながら。

こんな記事でごめんなさい。
そしてもしかして、この記事も消したらごめんなさい。

 


nice!(23)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。