So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

ありがとう、スス。 [スス]

皆さんにお伝えしなければならない事があります。

先日、5月の9日に、実家の猫、ススが亡くなりました。
なかなか書く事ができず、お知らせするのが遅くなり申し訳ありません。

ススは1997年の春生まれで、 17歳でした。
ブログを通じてですが、沢山の方に可愛がって頂きました。
心より、お礼申し上げます、ありがとうございました。

父親が夕方、ご飯の時間にススの部屋に行くと、倒れて亡くなっていたそうです。
急遽呼び出され、かけつけて、泣きながらススの体をふき、
毛布でくるんでベッドに寝かせてやりました。

翌日にはお寺に連れて行き、
父、妹、私の夫、私の4人でススを送り出しました。
母も病院で残念だったろうけど、心の中で精一杯見送っていたはずです。

WaruSUSU.jpg
6年前、実家の建直しの時に、うちに来たばかりのスス。

ススは亡くなるその日まで、自分でご飯を食べて、自分で排泄していました。
亡くなっていた様子を妹に伝えると、脳溢血か何かじゃないかな、と言っていました。
ほとんど苦しまずに逝った、と思いたい。

IMGP0656.JPG

ススは大阪の鶴橋の、飲食店の前の溝にはまって、
煤まみれのどろんこになっていた所を、通りすがりの兄ちゃんに捕まえてもらった。

カップルがサンドイッチなんか食べさせようとしてたからさぁ。
そんなもん食べないだろーって。

つかまえてくれた兄ちゃんは「大きくなったら放してやってね」って捕まえてくれた。
現在と、世の中がずいぶん違ったんですね。

それにしてもススは、よく無事に育ってくれたと思う。
今だったら私も「仔猫の時は保温が大事、風邪をひかないように」とか知ってるけど、
当時、なーんも知らなかったから。
どろどろ過ぎたから、洗うしかなかったんだけど、風邪ひかなくてよかった。。

それどころか…
亡くなる少し前に、一度口内炎にはなってしまったけど(お医者で回復)、
それまで一度も風邪もひかず、病気にもならず、本当に元気に過ごしてくれた。
加齢で目なんかも衰えてたみたいだけど、でも自分で行きたい所に行ってたから。
過ごしたいように過ごしてくれてたから。
最期まで、それなりに楽しく過ごしてくれたと思う、それだけが救いです。

IMGP0644.JPG
まとわりつくダンナに、炸裂したスス・パンチ。

ススが突然亡くなって私は、自分のバカさ加減に呆れました。
もう、ススに何もしてやれないんだと思うと、目の前が真っ暗になります。

元気にご飯を食べているからと、油断していました。
家族が病気になったときに、こういう事が起こりがちだと知らない訳でないのに、
すっかり母の事で頭がいっぱいで…何をやってたんだ私は。

あれをすれば良かった、これをすれば良かった、
後からいくら思っても仕方が無いんです。
「今度、はもう無い」という現実…もう何て表現して良いかわかりません。

とにかく私はバカで、悲しくて、後悔と罪悪感でいっぱいでした。

あまりにも辛くて、ヤバいなと思いました。
それで、頭の中でススと想像で会話してみました。

そうしたら、やっと、何とか…落ち着くことができました。
想像力で、罪悪感を癒したというか…。
私の想像だけど、でも、人の言葉で表したら、きっとこんな感じなんだと思う。

「びっくりしたけど、長く苦しまずにすんでよかったよ、あたしは。
 もっと生きて欲しいって言われても、
 あたしは明日とか来月とか来年とか解らんもん。
 猫は、今を生きてるんやもん。
 結構楽しかったよ。美味しいもんも食べられたし」

(ススにはマグロのスキ身を食べさせた事がある。ううう!うまっ!うまいっ!!と、
 うなりながら食べていた。もっと食べさせたかったな…)

 「うん、結構楽しかったよ。叱られたり嫌な事もあったけど、
 でも大体、ええ感じやったから。
 長さじゃないねん。ええ感じかどうかが問題やねん」

それでももっと、長く生きて欲しかったんだけど、
ある意味それも私の我が儘なんですね。。

もっともっとしてやれた事があったのに。
それを思うと、後悔のループにはまりそうになりますが、
そんな私を、空想の中のススが助けてくれます。

スス、ごめんね。本当にありがとう。

ススは私の両親の心のよりどころで、
ふたりが何とかやって来れたのも、ススのおかげだと思ってます。
(うちの父親、困ったじーさんなので)

以前、実家のふすまの木枠を、かじって大破させたり、
「おはよう」という母の口をまねて、おはようと鳴いたり、

どんな猫も、猫それぞれですが、
やっぱりスス、あなたのような猫は他にいません。

私は神仏とか、なんというか、
「人が想像してるものとは違うと思うよ〜」と思ってるのですが、
それでも生まれ変わりだけは、なぜだかあるような気がしています。

なんとか、少し休んでから生まれ変わって、
また会いにきてくれないでしょうか。
こんな事言って、バカな保護主だね、まったく。
だけど、どうか頼むよ、スス。

スス、ありがとう。

スス、ごめんね。

スス、大好きだよ。

本当に本当に、今までありがとうございました。


6年前の、ススです。よかったら見てやって下さい。

 

最後に会ったのは、亡くなる3日前だったけど、
いつもは一度、出てきて挨拶してくれるんだけど、
あの日は私達が帰る時に、もう一度出てきてくれたね。
頭をなでさせてくれたね。
あれは、お別れの挨拶だったんでしょうか?

やっぱり猫ってすごいと思います。

なんだかぐちゃぐちゃな視点の記事で、お見苦しくてすみません。

こうしてススは旅立っていきました。
ススを可愛がってくれた皆さん、 ありがとうございました。

そして、スス。

本当に、本当にありがとう。

ありがとう、スス。


nice!(26)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 26

コメント 20

kontenten

ススさんのご冥福をお祈り申し上げます。
by kontenten (2014-05-24 10:03) 

Ginger

お気持ちお察しします。お辛いでしょうけど、過酷な運命を歩むたくさんの動物がいる中、ススちゃんは何と幸運で幸福だったことでしょう。最後の逝き方もあっぱれですね。ツヤツヤで綺麗、賢そうなお子。一緒に過ごした時は、本当に宝物だと思います。
ご両親はガックリきてしまうかもしれないから、どうぞケアしてさしあげてください。。。
by Ginger (2014-05-24 15:54) 

ねこじたん

スス…(T_T)
何度 君に元気をもらったことか
何度 君に癒されたことか

ありがとうね

クロシロの床に どっしりな君が
おいらの中で 一番好きな一枚です

また ねこじゃらん家にきて
そしてまた 元気たくさんわけてくださいまし

またね
by ねこじたん (2014-05-25 09:49) 

パトラ

虹の橋を渡ってしまったススちゃん。
ご冥福を、お祈りします。

そうそう、おはようって挨拶してたのよね。
賢かったよね。
きっと、「おはよう、今日ももがんばろにゃ~」って
見守ってくれてる。
そして、またどこかで会えるかも・・・ね。
by パトラ (2014-05-25 16:38) 

ponnta1351

久しぶりの2月の記事で、お父上に抱っこされているすすちゃんを見て、元気にして居るんだぁと思っていました。

一人で逝ってしまったけれど、17歳まで頑張ったんだものすすちゃん偉い! 幸せな猫生でしたよね。
きっと、虹の橋のたもとでウチのぽん太や沢山の子達と走り回っていることでしょうね。
ご両親もお悲しみでしょう。 すすちゃん安らかに。
ぽん太と重なり涙です。
by ponnta1351 (2014-05-26 10:41) 

ぱだおくん

ススちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

「虹の橋」をご存じですか・・・
ぜひネット検索して、読んで
安心して未来に希望を持って頑張ってください。

by ぱだおくん (2014-05-29 14:52) 

でんさん

心からススちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
虹の橋の向こうでちょっと一休みして、ススちゃんがまたねこじゃらんさんの元に生まれ変わって来てくれますように!
by でんさん (2014-06-11 09:45) 

つなみ

こんにちは。
17歳、本当に長生きしてくれましたね。
きっとおうち、ご家族がが大好きだったんだなと思います。
私も大勢の猫ちゃんをお見送りしましたが、旅だちがわかるのだろうなと思います。
ねこじゃらんさん、愛しい思い出を思い返してあげてくださいね。
きっとその方が喜びます。
私はやっと最近、最愛の女王陛下のことを振り返られるようになりました。
まだ涙が出ますけど、子猫の時とか、愛しさが込み上げます。

ススちゃん、良かったね。安良かに。
by つなみ (2014-06-17 10:36) 

つなみ

そういえば、バレエ用語にススというのがあって
フランス語だから
シュシュ、スーシュ、スス どれでも通じるけど
集めるって言う意味(*´∇`*)
トウシューズできゅっと爪先を合わせる、
とてもきれいな動きなんですよ(*´∇`*)
by つなみ (2014-06-20 13:40) 

ねこじゃらん

みなさま、ご訪問・nice!、そしてススにお言葉をありがとうございました。

kontentenさん、ありがとうございます。

Gingerさん、ありがとうございます。
本当に賢くて個性的な猫でした。
今は親の治療に付き添う日々ですが、あの子がいた日が夢のようです。
私、祖母などを除いて身近な存在を亡くしたのは初めてかも。
幼気な存在だからよけいに、失うのは辛いですね、本当に。

ねこじたんさん、ありがとうございます。
そう言ってくれて、嬉しいよ。
どっしりなスス、他人な気がしないんだよ〜。
またどこかで会うに違いない気がする。

パトラさん、ありがとうございます。
激しい情動を感じる猫でした(という表現はどうなのか)
やっぱりまた会うに違いないと、思わずにおれません。
切っても切れない仲だと、勝手に思ってる私です。

ponnta1351さん、ありがとうございます。
あまりに突然で、まさかという感じでした。
今にしたら何故もっと気を配らなかったのかと、思わずにおれませんが、
そうですよね、本当によく頑張って、長い間生きてくれました。
ぽん太ちゃんもそうですよね、みんなよく頑張ってくれましたよね。

ぱだおくんさん、ありがとうございます。
えっと…虹の橋は作者不明の詩だそうですね。
ありがとうございます。

でんさんさん、ありがとうございます。
なんか、割と短いスパンで会えたりして、なんて思ったりして。
「次」は無いのですが、でも、
今後はもっと良い飼い主であったり、人間になれるように、
そんな風に見送ってから思っています。

つなみさん、ありがとうございます。
つなみさんは本当に沢山のお子達を見送られていますものね。
本当にすごいな、と思います。
私は祖母等を除いて、近しい存在を亡くすのは初めてかも。
もっとしてやれる事があったのにと、力不足の自分に腹立ちますが、
そんなん言ってたらあかんよね…。
現在は、親の治療に付き添う日々なのですが、
離れて暮らしていたせいか、自分に暗示をかけすぎたのか(汗)、
ぼーっとしているかもしれない。
薄いトーンの悲しみの中にいるような感覚です。
一緒に暮らしていたら、もっとキツいのでは…と思います。
そうですか、女王陛下のお子様時代^^
私は一時預かりした頃をよく思い出しています。
幼気な存在は、きっといつまでも切なく甘い存在なんだと思います。
ああ、何言うてもあきませんね。
本当に大好きでしたよね、みんな。
気にかけて下さって、ほんとにありがとうございます。

by ねこじゃらん (2014-06-20 16:59) 

sig

ああ、悲しいことがあったんですね。ご愁傷様でした。ある意味、人の死より悲しくてさびしいと言われますよね。お話はできなくても、本当に心と心でつながっているんですものね。動画を見せていただいて、ススちゃんの鳴き方、歩き方を見ただけで、もう信頼感一杯ですものね。私でさえ抱き上げて頬ずりしたいくらい、かわわいいですものね。そのススちゃんを失った喪失感…わかるつもりです。でも、たった一つの慰めですが、ススちゃんが長生きできたこと。比較的平穏だったこと。しっかりとご恩返しをしてススちゃんは去って行ったのでしょう。しばらくは悲しい日々でしょうが、動画を見て思い出してあげることが一番の供養かもしれませんね。合掌。
by sig (2014-06-24 22:13) 

ねこじゃらん

sigさん、ありがとうございます。
そういう風に言って頂けること、本当にありがたく思います。
そうですね、言葉を介さずに通じ合う相手だからこそ、
愛おしくて、失う衝撃が大きいのかもしれません。
私は勝手に、自分はススの介護をするんだと思い込んでいて、
こんな風に急に逝ってしまうとは思っておらず、
いくら後悔しても仕方が無いんだけど、とても悔いが残っています。
でもやはり、ススにしたら…苦しまずに良かったと思うしか無いです。
亡くなるまで元気に過ごしてくれて、本当に良い猫でした。
どうもありがとうございました。
by ねこじゃらん (2014-07-01 12:03) 

BlackTiger

ほんとうに、猫ってすごいですよね。
ススちゃん立派な大往生ですね。
私も先代猫の最期はいろいろと猫の凄さを見せられました。
ススちゃんの美しい黒、私もずっと忘れないと思います。
寂しいですがいつか、また会えますように。
ご冥福をお祈りします。
by BlackTiger (2014-07-03 00:21) 

のらん

長さじゃないねん。ええ感じかどうかが問題やねん・・・
ねこじゃらんさんの耳に届いた、ススさんの言葉が、心にしみます。
公園でも、ノラたちが、みんな、そんな風に生きて、そんな風に消えていきます。
私も、そんな風に生きて、そんな風に命を終わりたい。
ススさんは、ねこじゃらんさんと出会って、ホントに「ええ感じ」だったんじゃないかな。
by のらん (2014-07-19 15:10) 

itsumoaozora

17歳の、美しい黒猫のススさん。
たくさんたくさん愛されて、大事にされて、お幸せだったと思います。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

by itsumoaozora (2014-07-23 00:47) 

ねこじゃらん

>BlackTigerさん、ありがとうございます。
ね、本当に猫ってすごいですよね。
そして幼気…だから切ない。
しみじみと、ススの存在を思い返すこのごろです。

>のらんさん、ありがとうございます。
そう言って頂けると、とても気持が助かります。
でも本当に、猫達にとって大切なのは、長さじゃないって実感しました。
そうだ、私にとっても、と。そう言う事もススは教えてくれました。
公園の猫様たちも、ずっとええ感じで…と願っています。

>itumoaozoraさん、ありがとうございます。
そう言って頂けると、保護主としてとても嬉しいです。
ブログを通じてですが、可愛がって下さりありがとうございました。

by ねこじゃらん (2014-07-30 09:54) 

pom405

ご冥福をお祈りします。
今知りました・・・。

by pom405 (2014-08-27 01:41) 

ねこじゃらん

>pom405さん、

ありがとうございました。<(__)>
by ねこじゃらん (2014-08-28 21:58) 

親知らず

天国から見守ってくれていると思います。
遅くなりましたが、ご冥福をお祈りします。
by 親知らず (2014-09-01 01:12) 

ねこじゃらん

>親知らずさん、
お返事が遅くなり、すみません。
ありがとうございました。
by ねこじゃらん (2014-12-07 19:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。